[悪徳競馬サイトナビ]悪質競馬予想サイトにはもう騙されない!

うまコラボ

競馬用語辞典

競馬用語辞典一覧
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
け行 競馬用語
繋駕速歩(けいがそくほ)
速歩競走のひとつで騎手を乗せる騎乗速歩に対し、繋駕車(騎手を乗せる小さな馬車)を引いて競走するもの。速歩競走は馬は駆けることができず、人間でいう陸上競技の競歩と同じで4本の脚のうちどれかが地面についていなければいけない競走。使用された馬がトロッターだったことからトロッター競走といわれていたこともある。中央競馬では昭和43年に廃止となった。
経済(けいざい)コース
ムダなくコーナーを走るということで、内柵すれすれに通るコースのこと。「経済コースをとれたから……」などと好レースをした騎手が話すように、最短距離を走りレースに不利のない時に使われる。
軽種(けいしゅ)
馬の分類で軽種といわれるのは、軽快で競走馬や乗馬に適したもので、サラブレッド、アラブ、アングロアラブ、サラブレッド系種、アラブ系種の五種類。以前は軽種の中に準サラというのもあったが、昭和49年、軽種馬の品種の改訂でなくなっている。
鶏跛(けいは)
「とりあし」といわれるもので、鶏の歩くときによく似た歩様。後肢が地面を離れるとき、けいれん状に急激に飛節をあげる状態。常足(歩いているとき)で顕著にあらわれ、見た目に違和感はあるが競走能力にまったく関係ないので、気にすることはない。
決勝写真(けっしょうしゃしん)
スリット写真といわれるもので、競走する各馬がゴール板を通過する姿をレースの速度に近い一定の速度で撮影した写真。この写真を着順判定の参考にしている。「写真判定」とはこの決勝写真を見て決めることを言う。
血統(けっとう)
ひと言でいえばその馬の血筋のこと。父、母がどんな馬の系統からきているかということで、一般に血統というとき、「○○の血統」という言い方をし、父馬および母馬の名前を指すことが多い。遺伝力の強いサラブレッドの場合、血統により馬の性質や能力が予測、判断されることが多く、より速い馬を作る上ではその配合に、多大な関心がはらわれている。この血統を系統づけて記されたものが血統書で、世界各国で出されている。
毛ヅヤ
パドック解説などで「毛ヅヤがいい」「毛ヅヤが冴えない」などとさかんに使われているが、毛の色・艶のことである。馬の栄養や健康状態がよく現れるのがこの毛ヅヤで、状態のいいときはつやつや光って見えるし、状態の悪いときは毛が立って光沢がなくなりボサッとした感じに見える。毛ヅヤは馬の手入れの良し悪しによって違うし、光線のあたり具合や、季節(寒い時季、冬毛が出ると毛ヅヤは冴えない)によってもその光沢に違いがあるので、そのときの状況に応じて見極めたいものだ。
毛ばなが咲く
毛ヅヤに関連することだが、毛先に現れる現象で、急激に熱が出たりしたときに被毛が逆立ち光沢もなくなる状態。こんな時はブラシをかけても直らない。熱など出なくとも疲労がたまるとこんな状態になることもあり、毛ばなの咲くようなときは調子落ちと見ていい。
顕彰馬(けんしょうば)
昭和60年に日本中央競馬会創立30周年記念事業の一環としてできた制度。中央競馬の発展に多大の貢献のあった過去の名馬の功績をたたえ、顕彰して後世へ伝えていくことになった。
検量(けんりょう)
出走馬ごとに定められた負担重量をチェックすることを検量という。発走の70分前に全騎手が行うのを「前検量」といい、レース終了後に上位7位までに入線した騎手及び裁決委員が特に指定した騎手が行うのを「後検量」という。この検量をする場所を検量室という。
ゲート
スターティングゲート(発馬機)のこと。「ゲートがいい(悪い)」という場合はゲートからの出がいい(悪い)という意味で、“発馬”そのもののことをゲートと言うことも多い。

検証済み優良競馬予想サイト

登録した結果、満足できるだけの報酬を得ることの出来た管理人おすすめの優良競馬予想サイトBEST3です。
ここで紹介しているサイトはサポート体制もしっかりしており、使いやすく、そして何よりも他の悪質競馬予想サイトと違って投資額よりも収入の方がプラスになりました。
悪質な競馬予想会社に騙されてきた方は、ぜひ一度試してみることをオススメします!

PROFIT(プロフィット)

PROFIT(プロフィット)

登録するだけでワンランク上の投資競馬情報が無料で手に入るオンリーワンの投資競馬サイト

Check!

競馬予想X(エックス)

競馬予想X

中央競馬に馬連が導入された当時からのデータを検証し、独自のオッズ理論で買い目を叩き出す

Check!