[悪徳競馬サイトナビ]悪質競馬予想サイトにはもう騙されない!

うまコラボ

競馬用語辞典

競馬用語辞典一覧
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
も行 競馬用語
持ち込み馬(もちこみば)
活馬の輸入自由化の実施日(1971年6月30日)以降に輸入された妊娠馬が日本で生んだ馬。要は外国で種付けされた内国産馬のこと。それ以前は競走番組上外国産馬に準じた扱いを受けていたため3歳クラシック競走や、天皇賞などG1レースに出走できない時期があった。
持ち(もち)タイム
持ち時計ともいうが、ある馬が一定の距離でマークした最高タイムのこと。「この距離の持ちタイムがある(ない)ので…」という使い方をされるが、速い時計を持つ馬を持ちタイムがあるという。一応その馬のその距離における最高能力と見られるが、そのタイムを出したときの馬場状態、コース、出走回数などいろいろ異なるので、持ち時計が即その馬の能力という見方はできない。ただ、キャリアを積んだ古馬の場合には能力を探るうえでひとつの目安になるのも確かだ。
持ち乗り(もちのり)
厩務員の仕事をしながら、担当馬の調教にも携わり、攻め馬や馬場運動など調教助手の仕事を兼ねる人。
モタれる
レースや調教において、斜行することを表す言葉。コースの内側に行こうとすることを“ササる”といい、逆に外側に行こうとすることを“ふくれる”というが、モタれるという場合は単に内、外に行くというよりは対象物(ラチや併走馬など)に寄っていく(もたれかかる)という意味合いで使われる。
物見(ものみ)する
ものを見るともいうが、不意に何かの物に驚いて騒いだり、止まったり、横にとんだりする動作や癖のことをいう。レース中にハロン棒の影や芝生のはげているところをとんだりする馬もおり、これなどは物見するいい例だ。馬の目は弱視で物体は不明瞭に拡大されてもうろうと見えるということもあって、馬は気の弱い動物といわれ、用心深いのでちょっとした物や音に驚くためであろう。
もやし馬
育成期間に過保護になっている馬のことで、本質的な育成技術、鍛錬がなされてなく、見た目に立派でも中身がなく「みてくれ」だけ良い馬となってしまう。こういう馬を指して“もやし馬”という。また競走馬でも急仕上げで調教量の足りない馬についても、格好だけはできていても実質が伴っていないということで“もやし馬”あるいは単に“もやし”ということもある。
もらい
「斤量をもらう」「ハンデをもらう」などという形で使われる言葉。見習い騎手が騎乗して規定の重量より軽い重量で出走するとき、例えば53キロの馬に▲の騎手が乗れば3キロ減の50キロで出走できる。こういうとき「3キロもらいで出られた」などという。また目標のハンデ戦の前の1、2走を無理せずハンデを軽くしてもらうことを“ハンデもらい”というが、現在1度や2度成績が下がってもハンデが軽くなることは少なく、ハンデもらいを意識してレースする馬もいないようだ。
モンキー乗り
鐙(あぶみ)を極端に短くした前傾姿勢で馬に乗る方法。木の枝に猿がまたがったように見えることからこう呼ばれる。御しにくい点はあるが、抵抗が少なく馬のスピードを出すことができるため現在は騎手のほとんどがこのモンキースタイルである。1890年代にアメリカのトッド・スローン騎手が考案したといわれる騎乗法で、日本でも大正時代からあった乗り方だが、保田隆芳氏(故人、元騎手、元調教師)が渡米したときに身につけて帰り、成績を上げたことで、それ以来、流行し一般化されるようになった。
揉まれる
 「道中揉まれて……」などと使われるように、レース中、馬込みに入って思うように走れない状態を“揉まれる”といっている。気の小さい馬などは揉まれると戦意を失くすことがあり、そんな馬は“揉まれ弱い馬”といわれ多頭数の競馬では不利になるとされている。本当に強い馬は少々揉まれても力のロスはなく苦にしないものである。

検証済み優良競馬予想サイト

登録した結果、満足できるだけの報酬を得ることの出来た管理人おすすめの優良競馬予想サイトBEST3です。
ここで紹介しているサイトはサポート体制もしっかりしており、使いやすく、そして何よりも他の悪質競馬予想サイトと違って投資額よりも収入の方がプラスになりました。
悪質な競馬予想会社に騙されてきた方は、ぜひ一度試してみることをオススメします!

PROFIT(プロフィット)

PROFIT(プロフィット)

登録するだけでワンランク上の投資競馬情報が無料で手に入るオンリーワンの投資競馬サイト

Check!

競馬予想X(エックス)

競馬予想X

中央競馬に馬連が導入された当時からのデータを検証し、独自のオッズ理論で買い目を叩き出す

Check!